48時間、台東を知ろう

台東といえば、豊富な自然景観と人文風情です。この地ともっと深く繋がりたいなら、文化巡礼の旅がおすすめです!

夜明けの台東は、暖かい海洋の息吹が感じられます。1日目の朝は、「南方以南」で地元芸術展覧を観賞して南方の情熱的な文化を体感しましょう!芸術の旅は、太麻里から始まり、金峰鄉から大武鄉へ、そして最終地点は達仁鄉です。台東を南へと行く部落芸術巡礼は、あなたの五感を解き放ち、また、南迴の地元について改めて理解することができます。朝一番に、台東で一番美しい駅から東海岸からの美景を眺めれば、そのどこまでも広がる青々とした美しい大海原に、心が洗われたように清々しい気持ちになります。

二日目は、最初に「国立台湾史前文化博物館」で史前文化

台東の地を体感!文化体験・学習二日間ツアー

温泉で有名な知本では、ミネラルが豊富な無色透明の透き通った美肌や保湿効果がある弱アルカリ性泉水の温泉水にゆったりと浸かれます。夕方は、かの有名な「鉄花村」で芸術を楽しみましょう!台東の音楽村で熱気球のランプに囲まれてゆっくりと散歩をしていると、街頭芸人たちが奏でるリズムに、まるで、五線譜の音符が踊り出したような気分が味わえます。また、近くにあるTTStyle原創館波浪屋では、原住民文創アイディアが育まれています。未来の巨匠を探しに行ってみませんか。

夕食の時間になれば、中華路の大通りは美味しそうな香りが充満しています。台東の地元グルメをあちこちで食べ歩くのもいいですね。良かったら、ぜひ台東の地元でも有名な花惹蜜やぷりぷりの黒砂糖風味のタピオカを食べながら、小農鮮奶を口にしてみてください。台東の街道をのんびり歩きながら、愛する家族とゆっくりと愛來客民宿へ戻って、明日のための準備をしましょう。
 
二日目は、最初に「国立台湾史前文化博物館」で史前文化、先住民族遺産などの台湾の土地の歴史を感じましょう。博物館の低い壁の迷宮の後ろ側に座って、館内の本物そっくりの蝋人形や不定期に開催される芸文イベントなど、台湾東部唯一の博物館のイベントを楽しみましょう。歴史の文化パラダイスに足を踏み入れ、この土地と深くつながれば、いつしか、友情に似た絆が生まれます。芸術と会話しながら、台湾初の県レベルの美術館「台東美術館」を訪れれば、台東の芸文産業が、旅行客のソウルを潤してくれます。
 
ランチは「好漁日」で見た目が少し恐い鬼頭刀魚を美味しくいただきましょう!お腹いっぱいになったら、「卡塔文化工作室」でたくさんのパイワンガラス玉からお気に入りを見つけて、ひとつひとつ、一から手作りで自分だけのパイワン族のネックレスを作りましょう。出来上がったネックレスをつけて、午後のひと時をいろいろな国から来た芸術家が集まる「漂流木的原鄉」と呼ばれる「都蘭新東糖廠文化園区」で流木の生命力に満ちた芸術品や家具を見て回りましょう。たくさんのカフェや文創店があるので、ゆっくり回ってみるのもいいですね。
 
ディナーは「穆帆故事館 – 益台湾餐廳」でアッラーの異国料理を楽しみましょう。モスリンのレストランとして登録されているこのお店では、独特なメニューが楽しめます。故郷の味が楽しみたい方もご安心ください、中華料理も頼めます!楽しい旅行も終わりに近づくと、なんだか寂しい気持ちになりますが、「陳家麻糬」をお土産に買うのを忘れずに!美味しいお土産と一緒に帰路につけば、次の台東旅行が待ち遠しくなること間違いなしです!