サイクリングを楽しむ森の旅

都会の中に忘れられない美しい一隅、それはまた旅人たちの目に留まり、2度3度と見返られることでしょう。台東市内には桃源郷のような場所があり、風を遮るために植えられてきた木麻黄の木が歩道の両側に延々と伸び、時には真っ暗な感じになる故、台東の人は『黒森林』と呼びます。

公園内には整備されたサイクリングロードを備え、沿道には三大名湖と呼ばれる『琵琶湖』『活水湖』『鷺鷥湖』とあります。もともと湿地であった『鷺鷥湖』や人工的に作られた水上競技場やトライアスロンに最適な『活水湖』はそれぞれ美しいものの、一番愛されているのはまさに『琵琶湖』であります。それは潮汐の元自然に出来上がった湖であり、辺りは防風林に取り囲まれ、湖面は揺れる木の陰やゆっくり漂う雲など常に周りの環境を映し出し、訪れる人々の感嘆のため息を誘います。それに澄み通る湖の底から微かに見える風景はミステリアスなもので、台湾ではなかなかない都会の中の森として人々に愛されてきました。

注目スポット

  • 住所:
    台東県台東市中山路と馬亨亨大道の境目
  • 電話:
    089-362025
0
Connecting
しばらくお待ちください...
メッセージを送る

申し訳ありません、現在席を外しております。ご用件をメッセージでお送りください。

お名前
* メールアドレス
* ご用件
ログインする

お困りですか?オンラインサポートですぐに問題解決。

お名前
* メールアドレス
* ご用件
オンライン中!
ご意見

サービスの改善のため、コメント等をお書きください。

サポートはいかがでしたか?