モンスーンから始まる金樽サーフィン祭

夏になると、人々は都蘭や東河へサーフィン・スキューバーダイビング・SUPスタンドアップパドルボードなどのマリンスポーツを楽しみに行きます。秋が過ぎ去っていくとともにモンスーンが吹き始める頃こそ、東海岸はサーファーたちの晴れ舞台となります。

ワールド・サーフィン・リーグの認定を得て、台東はアメリカ・オーストラリア・日本・マレーシア・バリ島・タイに引き続き世界で最も良いサーフィンの聖地となりました。台東の金樽には三キロメートルにも及ぶビーチがあり、その沿岸には黒潮が流れ平均の水温が20度前後という暖かい温度を保っています。波に関する条件も、大きさなり形状なりと、全てのサーファーが愛するような波ばかりです。

金樽は、その名通り金色の樽のように、日差しがこの太平洋上に当たるとき、海面は金色に染められ、その独特な地形がまさに樽のような様相を生み出します。サーフィンの観戦を終えたら、東海岸でしか味わえない料理を堪能し、漂流木で作られた作品などを鑑賞し、風情のある台11線を楽しんでいってください。

サーフィン 大会

注目スポット

  • 住所:
    台東県東河郷金樽港口から南約二キロにあるビーチ(台11線約133キロ地点)
  • 電話:
    089-841520
  • 情報リンク
0
Connecting
しばらくお待ちください...
メッセージを送る

申し訳ありません、現在席を外しております。ご用件をメッセージでお送りください。

お名前
* メールアドレス
* ご用件
ログインする

お困りですか?オンラインサポートですぐに問題解決。

お名前
* メールアドレス
* ご用件
オンライン中!
ご意見

サービスの改善のため、コメント等をお書きください。

サポートはいかがでしたか?