台東では豊富な先住民文化及び伝統的な風習が保たれ、至る所に芸術が取り入れられてきました。市内にある国立史前文化博物館・台東美術館・宝町芸文センター・台東児童故事館や鹿野に位置する瑞源コミュニティー花布灯篭生活文化館・新元昌紅葉産業文化館などは、旅人に台東の文化を伝える役目を果たしています。

緑島で緑を探そう— 過山古道で宝探し

緑島と聞くと、ほとんどの人がダイビングやシュノーケリングを思い浮かべるでしょう。しかし、実は、緑島は、海洋生態が豊富なだけでなく、島上でもグリーン生態がたくさんみられます。東部海岸国家風景区管理處は、六月から「綠島過山古道尋寶(緑島の過山古道で宝探し)」活動を始めました。「宝探し」をしながら大自然に触れ合い、同時に歴史あふれる過山古道のトンネルを知ってもらうことが狙いです。環島公路が建設される前までは、緑島の市民が南寮から温泉まで行くには、このトンネルを通らなければ行けませんでした。しかし、環島公路が建設されてからは、過山古道は廃れてしまい、民国85年(1996年)に東管處が修繕を行いました。現在は、ガイドの人の案内とともに古道沿いに古びた飾り気のない息吹を感じながら自然を感じることができます。蘭嶼土沉香、桃金孃、野牡丹……など様々な花の香りが感じられます。また、注意深く観察すると人面蜘蛛やスインホーキノボリトカゲ、そして可愛らしい梅花鹿を見つけることができるかもしれません。さぁ、一緒に宝探しの旅に出て、緑島の生命を体感しましょう!

写真提供元:東海岸國家風景區管理處

 

人情味溢れる螢火蟲電影院

最近、いつ映画をみましたか?

昨日見た人もいるかもしれません。しかし、台東や花蓮の僻地地区に住む人にとっては、それはずっとずっと昔のこのかもしれません。台東には、映画館が一館だけありますが、僻地で都市からも離れているため、訪れる人は多くありません。

「生活の楽しみをなくしてはいけない!」と同じ考えを持つ人が集まりました。文化部の指導の下、文化部影視及流行音楽産業局と国立臺東生活美学館が主催する「2019年電影芸術分享計画-螢火蟲電影院(2019年映画芸術共用計画ーホタル映画館)」が今年の6月から9月に開催され、台東と花蓮県で12の映画が上映されます。映画は無料で鑑賞できます。

6月から8月初旬には花蓮で、そして8月末には螢火蟲電影院は台東の成功鎮、池上鄉、金峰鄉、太麻里金崙村、延平鄉などの各鄉鎮で巡回上映が行われました。上映された映画のほとんどは評判の良い笑いあり、涙ありの台湾の人情味の溢れた台湾映画ばかりで、有山林喜劇〈山的那一邊〉、溫情故事〈生生〉、台灣最美麗風景〈只有大海知道〉、青春校園片〈王牌教師麻辣出擊〉…などがあります。また、第47回ロッテルダム国際映画祭で「長編作品タイガー・アワード」に入賞した〈范保德(Father to Son)〉も上映されました。。

また、上映会場には映画鑑賞分析や抽選会、クイズに答えてプレゼントキャンペーンやゲームもあります。映画好き、ゲーム好き、にぎやかなのが大好きなみんな、ぜひ遊びに来てね!

写真提供元:国立臺東生活美学館

 

芸術による自然美:漂鳥197— 縱谷大地芸術季

水保局台東分局は「縱谷大地芸術季」にフィンランド、ドイツ、日本、トルコ、そして台湾籍の環境芸術家に駐村創作をしてもらおうと計画しています。芸術家たちに縱谷地勢、人文的特色、そして197縣道沿いの池上萬安村、振興村、關生電光里などでインスタレーション・アートを設置してもらい、人々に池上の自然の美しさと人文風情の結合を実感してもらうのが狙いです。大会ではインドの詩人ビンドラナート・タゴールの《迷い鳥たち》をサブテーマに、芸術作品ごとに美しい詩を一句詠み、作品をさらに印象付けています。今年の夏は、池上で涼しみながら芸術を楽しみましょう。

写真提供元:IG @shiu_manman

 

Pasiwali 原住民音楽イベントin台東

“Pasi”には「〜に向かう」、そして “wali”には「東方」の意味があります。つまり、“Pasiwali”はアミ族(阿美族)の言葉で「東に向かう」という意味があります。「Taiwan PASIWALI Festival」原住民音楽節では、パッションな原住民音楽が楽しめます。第一回と第二回の原住民音楽節は桃園と高雄で開催されます。原住民音楽で世界に情熱的な台湾をアピールしましょう。

台東の原住民の人口比例は3.3割と高く、部族の文化が感じら、芸術の風格も台東ならではの独特な文化の面影があります。前回、台東県が開催し、初めて国際的要素を取り入れ、音楽節を国内外の原住民歌手グループで盛り上げたことから、原住民国際音楽節と名称を変更しました。世界の音楽と文化が交流し、世界各地の民族音楽の激しく湧き上がる活力が来場者の心を熱くし、忘れられないミュージック・ナイトとなりました!

今年の「Taiwan PASIWALI Festival」は8月2日から4日まで台東森林公園で開催され、動力火車や日本、パラオ、マダカスカル、そしてマレーシアの歌手が登場します。ゲストと演目に目が離せません! みんなで一緒に8月は東に突っ走ってイベントを盛り上げよう!

写真提供元:IG @taiwan.pasiwali

 

光の饗宴——2019年熱気球光雕音楽会

台東の年に一度の行事—熱気球光雕音楽会(熱気球プロジェクション・マッピング音楽会)が六月末から九月にかけて、8会場でそれぞれ異なるテーマで開催荒れます。例年と同様、音楽会は、鹿野高台、三仙台、池上大坡池、そして太麻里曙光園区、知本温泉区、海濱公園などの台東の各人気スポットで開催されます。台東の壮大で美しい山々とどこまでも広がる海などの自然に囲まれながらプロジェクション・マッピングが楽しめます。また、今年は綠島でも開催されます。綠島好きのみなさん、満天の星空の下で優しい海風に吹かれながら熱気球光雕音楽会を楽しみましょう。きっと、今までないロマンと感動が待っています。
ロマンチックな夜に朝陽の宴、台東には世界でも珍しい日の出熱気球光雕音楽会があります。日の出熱気球光雕音楽会は、全部で3回開催されます。美しいメロディーと光、真っ暗な夜から、希望と幸せに満ちた美しい日の光を迎えましょう。
この夏は、台東で昼も夜も楽しんじゃおう﹗

熱気球光雕音楽会開催日時:
(1) 6/29(土) 19:00鹿野鄉 鹿野高台
(2) 7/06(土) 04:00成功鎮 三仙台(日出光雕)
(3) 7/13(土) 19:00緑島鄉 緑島
(4) 7/20(土) 19:00池上鄉 池上大坡池
(5) 7/27(土) 04:00太麻里鄉 太麻里曙光園区(日出光雕)
(6) 8/03(土) 19:00卑南鄉 知本温泉区
(7) 8/10(土) 04:00大武鄉 海濱公園(日出光雕)
(8) 8/12(土) 19:00鹿野鄉 鹿野高台(閉幕)

写真提供元:IG @molly888666

 

回歸大海—李小鏡個展

人と自然は共に生きるのか、それとも、対立し合うのか。画家の李小鏡氏は「回歸大海(海へ戻る)」の作品の中で、人と自然が調和し合う本来の姿を描いています。
人間からすれば、自然は利用価値のある搾取関係かもしれません。自分が誰なのか忘れてはいけません。青く広い大海原でゆったりと魚のように波や水流に身を任せられるのも…大自然が生物へ最高のプレゼントなのかもしれません。人と自然は、本来ならば互いい向き合って生きていくべきなのです。
李小鏡氏は、アメリカ・ニューヨークに住む欧米で注目されている華人芸術家です。彼は、組み合わせ絵画や撮影と創作の表現手法が得意です。人と自然の関係をテーマにした生き生きとしたユーモア溢れる作品を作り出しています。「回歸大海—李小鏡個展」は、〈十二生肖〉の名作を始め、進化論の探求作品の〈源〉、〈夜生活〉、〈成果〉、そして、寄寓佛家の輪迴思想(輪廻転成の思想)の〈審判〉など、彼の芸術家としての三十年間の創作生涯のシリーズ作品が展示されています。もちろん、最新作の〈回歸大海〉も展示され、台東臨海の地理的環境に呼応しています。「回歸大海—李小鏡個展」で、地球の温暖化や人類の未来の生存立場について考えてみませんか。

展覧情報|回歸大海-李小鏡個展
展 覧 日|即日—2019.08.04(日) (入場無料)
展覧時間|9:00—17:00 (休館日:毎週月曜)
展覧場所|台東美術館 (台東市浙江路350號)

写真提供元:台東美術館

 

部落といっしょに盛り上がろう——旮都瑪樣部落樂舞宴

台東は、自然とも人とも仲良くなれる場所です。自然の美しさだけでなく、綺麗な山と水に育まれた文化風情や部落の発展で残された歴史の足跡など、様々な魅力に溢れています。部落の伝統や文化伝承の精神の魅力をよりたくさんの人々に知ってもらおうと、今年で七年目になる「旮都瑪樣部落楽舞宴」が開催されます。この「旮都瑪樣部落楽舞宴」では、花東(花蓮と台東)のたくさんの部落チームが参加し、楽舞劇(歌と舞の劇)や歌謡、民族楽舞、そして部落の技芸が展示されます。さまざまな部落の楽舞が楽しめるだけでなく、試合の白熱した雰囲気やそれぞれの部落の文化精神を感じることができます。また、部落の人々と手と手を繋いで大会舞を踊ることもできます。それでもまだ物足りないという方は、文化体験イベントに参加してみてはいかがでしょうか。原住民の方から手作り石鹸や数珠つなぎ、檳榔鞘の作り方を教わりましょう。他では体験できない文化プログラム、きっと忘れられない思い出ができます!

イベント情報:
開 催 日:108 年 7 月 6 日(星期六)
開催場所:交通部東部海岸国家風景区管理處-阿美族民俗中心
台東県成功鎮信義里新村路 25 號(台 11 線 124.6K )
主催単位:交通部観光局東部海岸国家風景区管理處

写真提供元:IG @yosh169

 

2019 Challenge Taiwanトライアスロン国際レース

台東の国際観光イベントといえば、バルーンフェスタやサーフィンがありますが、忘れてはならないのが国際トライアスロンレースです。恵まれた自然環境、ピュアな海洋、どこまでも連なる山々、そして情熱的な地元住民。開放的な水域の翡翠のように透き通った活水湖も遊泳にはピッタリな場所で、岸辺からのんびりと観戦もできます。台東は、台湾のトライアスロンとサイクリングスポーツの聖地となりつつあります。対等では、毎年20回以上のスポーツ試合が開催されています。みなさん、ぜひ、台東のひと味違ったマルチな一面をご覧ください。
今年、2019Challenge Taiwan は、台東で開催されて7年目になります。レース距離は全コース226キロ、ハーフコース113キロのトライアスロン、51.5キロのスタンダード距離のトライアスロンとスモールトライアスロンレースがあります。台東で自分の限界に挑戦しませんか。

イベント期間:2019年04月27日〜2019年04月28日

主催単位:Challenge Taiwan

写真提供元:IG @morgan324332

国立台湾史前文化博物館

(チケット代はオフィシャルサイトにて掲載されております)
一般
NTD 80
一般市民
団体の方
NTD 60
10人以上
小学生
NTD 50
小学生
無料
無料
なお、65歳以上の方は 平日無料、休日半額となります。 6歳未満の児童や 障害者手帳をお持ちの方は無料です。

インフォメーション

瑞源コミュニティ花布灯篭生活文化館
開館時間:09:00-18:00
休館日:年中無休
電話:089-580492
住所:台東県鹿野郷瑞隆村15鄰同興路156号
ホームページ
新元昌紅茶産業文化館
開館時間:09:00~18:00
休館日:年中無休
電話:089-551016
住所:台東県鹿野郷永安村永安路451号
ホームページ
台東美術館
開館時間:09:00~17:00
休館日:月曜日
ガイドツアー:電話での事前予約が必要です
電話:089-330252
住所:台東県浙江路350号
ホームページ
宝町芸文センター
開館時間:08:30~17:00
休館日:月曜日、旧暦春節や祝日
電話:089-325301
住所:台東県台東市中山路184号
インフォメーション
フェイスブック ページ

注目スポット