柔軟に人生を管理して
興趣の力を信じる

「自由気ままに生活して、柔軟に対応できる人でいたいです。」琳翊は、急いでこれからの人生の方向性を考えずに、自由に生きたいと思っています。自分が選んだ選択が、最終的な決定案になる訳ではありません。自分の感覚を信じ、刺激を求め、受け入れ、そして訪れるチャンスすべてを掴む勢いで一生懸命生きれば、その経験の中で、人生の管理の仕方が学べるのです。

「やりたいと思った時が、学ぶチャンスです。」琳翊は、興趣と学習の相互補完的関係を強調し、人が成長し続ける動力でもあると話していました。また、琳翊は、児童教育の事業開拓のキャリアプランではなく、更にチャレンジ性のある創業の道を選び、創作をし続けたいという思いから、自分のワークショップを立ち上げました。まさに、子供の頃に描いた「絵=生活」という未来のドリームマップが、この場所で実現したのです!

色々試して限界を決めない
タイミングよくチャンスを掴め

社会には、学習と試練のチャンスが溢れています。そのチャンスを、どのようにしてベストなタイミングで掴み、そして自分のものにするかが、長い人生における課題なのです。ワークショップ事業の発展プロセスの中で、琳翊が最もよく直面する試練は、非専門学科出身に対する不信です。マルチな理論知識を持っていても、基礎の絵画能力は自修しなければ積み上げることはできず、それは、時折、創作における技術上の限界にもなってしまいます。しかし、クリエイティブなインスピレーションは、伝統的な技法だけにとらわれるべきではなく、多様な表現方法を探し出し、無限のクリエイティブを作り、それを自分の第二専門として実力を発揮していくべきなのです。

「心の持ち方で結果が変わります!」琳翊は、いつも自分に心の持ち方の大切さとその必要性を言い聞かせています。例え、その専門学科を卒業していなくとも、一生懸命に学び続け、真心を込めて人と付き合い、学識と経験に相互補完の効果を持たせれば、社会に必要とされる人材になるのです。

豊富な生命を美感のクリエイティブで生み出し
芸術の原始の感動をシェアしよう

生活の中の美しさは、発見されにくく、子供の創作芸術品も、同じようにあまり人々の目に止まりません。台東の子供達の自然に対する美感、豊富な地線は、その作品に生活の風貌が表現されています。これらの芸術の才能は、もっと多くの人に見てもらう価値があります。

非制式化の教育形式を始めるにあたり、教職の領域から創業の領域へ幅を広めた琳翊は、TTmakerの創業計画を通じて、芸術をもっとマルチに、そして社会の相互力と結合させ、子供達に芸術作品のシェアを勧め、創作理念の交流を行い、子供達にポジティブなネット論理を教え、更に刺激を受けて創作のインスピレーションを高めてほしいという思いから、台東の子供達のための小さなクリエイターのための「BARTER X BARTER」を作りました。台東の子供達に、もっと芸術創作の無限の可能性を理解してもらい、そして、世界というキャンバスの上で思い切り筆を走らせてほしいと願っています。

0
Connecting
しばらくお待ちください...
メッセージを送る

申し訳ありません、現在席を外しております。ご用件をメッセージでお送りください。

お名前
* メールアドレス
* ご用件
ログインする

お困りですか?オンラインサポートですぐに問題解決。

お名前
* メールアドレス
* ご用件
オンライン中!
ご意見

サービスの改善のため、コメント等をお書きください。

サポートはいかがでしたか?