赤キヌアで最初に国際的に重視
A.A. Taste Awards二つ星グルメ賞

タイのバンコクにあるジ ウェスティン グランデ スクンビットホテルで「A.A. Taste Awards」2017表彰式が開催されました。台湾からも、台北晶華酒店(Regent Taipei)、態芮(Tairroir)、そして台東の德朱利斯食品公司などを含む多くの会社やレストランが表彰されました。このA.A. Taste Awardsは、食物の美味しさと無添加を原則に、料理人の情熱と技法で美味しさを表現できて、受賞できる賞です。

德朱利斯国際食品有限公司は、台湾でも初めての赤キヌア専門の食品会社であり、今回の新作の台東の紅キヌアや台東関山秋鬱金のウコンにぺピータや白ごまなどの自然風味を配合した栄養価が高く美味しいお菓子紅藜薑黃米果(赤キヌアウコン米菓)が、受賞対象に選ばれました。

台東の新興鉱物
穀物のルビー

台東農家出身のマーケティングディレクター兼創業者の謝雅雯は、旅行業に14年間携わっていましたが、多くの人が行う産業の中でも赤キヌアが特別な穀物であることに気づきました。今では、台東農民を手助けする最高のツールにもなっています。謝雅雯は、ずっと台東特有の農産品が少なく、農業のお土産も少ないと思っていました。このこともあり、德朱利斯で二級産業の連動を行いました。オフィシャルに連絡をとり、高品質の赤キヌアを確実に生産できるようにしました。そして、ついに台湾で初めて紅キヌア穀物スティック、核桃糕、赤キヌア洛神酥、紅藜洛神ヌガーなどの健康で美味しい赤キヌアのお土産を作ることに成功したのです。

栄養価が高い
台湾の地元の新しいエネルギー

「穀物のルビー」とも呼ばれる赤キヌアは、1980年代にはアメリカ航空宇宙局(NASA)に宇宙飛行士の長期任務の食料として指定されています。そのタンパク質の含有量は、牛肉にも劣らず、カルシウムの含有量もお米の42倍、牛乳の7倍、そして食物繊維はサツマイモの7倍もあります。他のキヌアと比べて、栄養価が非常に高く、そして脂肪やカロリーが低いことから、健康的な料理にはぴったりな食材でもあります。

しかし、研究初期には、ほぼ無味の赤キヌアは、うまく処理をしないとサポニンという物質が増えて苦味が出てしまったり、また熱湯につけると発芽ができないなどの問題があったり、また見た目が赤色である赤キヌアから本来の独特の香りを引き出すにはどうしたらいいのかと、謝雅雯は頭を悩ませていました。このような努力がみのり、やっとお土産やお菓子が生まれたのです。今では、この赤キヌアで作られる商品は台東の土地から一筋の光を放ち、国際商品として注目されるようになりました。

0
Connecting
しばらくお待ちください...
メッセージを送る

申し訳ありません、現在席を外しております。ご用件をメッセージでお送りください。

お名前
* メールアドレス
* ご用件
ログインする

お困りですか?オンラインサポートですぐに問題解決。

お名前
* メールアドレス
* ご用件
オンライン中!
ご意見

サービスの改善のため、コメント等をお書きください。

サポートはいかがでしたか?